株式会社日本フードリンク

株式会社日本フードリンクは新潟の給食サービスを提供する企業です

  • 025-222-9799
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 社会貢献への取り組み

株式会社フードリンク

株式会社フードリンク

事業紹介

Our Business

地元に根差した事業展開

県内約75ヶ所 1日約22,000食提供

日本フードリンクは、地元に根差した中堅企業をめざし、新潟県にこだわった事業を展開しております。

地元の人材雇用による地域社会への貢献

弊社の社員数は約700名。社員の多数はお客様の地元から雇用させていただいております。地元の強み、チームワークの活用に加え、それらのパワーは目に見えないところで製品の品質にとても良い影響を与えることを我々は知っています。地域社会への貢献にもつながるこの雇用体制、当たり前のようですが、弊社は給食受託企業としてこの雇用体制にこだわり続けています。

新潟県 ハッピーパートナー企業(新潟県男女共同参画推進企業)

ハッピーパートナー企業とは

 新潟県では、男女が共に働きやすく、仕事と家庭生活等が両立できるよう職場環境を整えたり、女性労働者の育成・登用などに積極的に取り組む企業をハッピー・パートナー企業として登録し、その取組を支援しています。
 弊社では、新潟県の取り組みにいち早く賛同し、ハッピーパートナー企業に登録いたしました。

弊社の取り組み
  • ・産休、育休の充実と休業明けの雇用確保と勤務時間への配慮
  • ・休暇の取りやすい雰囲気作り
  • ・年次有給休暇の取得促進
  • ・短時間勤務など、多様な働き方ができる環境づくり
  • ・女性の管理職登用の推進
  • ・etc.

地域循環型農業へのチャレンジ

環境への負荷を減らしながら土壌を育てることで、化学肥料や農薬の使用を抑え、安全・安心でおいしい食材を給食に使用できる、"循環型農業"への取り組みを行っています。

循環画像
新潟市東区

給食の食べ残しや、給食を作る過程で出た調理くずを、生ゴミ処理機にかけて肥料にします。
それを、畑に撒き野菜の肥料として再利用し、その肥料で育てた野菜を給食に使用しています。

新潟市江南区

弊社の関連会社アグリライフで給食残渣有機発酵肥料を使いコシヒカリを栽培しています。

食を介し、”健康を創る”をテーマに

 アグリライフのコシヒカリは、地域の慣行栽培に比べて農薬や化学肥料を5割以上減らして作られた農産物を認証する新潟県特別栽培農産物認証制度の認証を取得しています。

 また、野菜については玉ねぎを中心に減農薬有機栽培への取り組みを行っています。

二酸化炭素排出削減への取り組み

日本フードリンクでは、給食事業にて発生した廃食油を新潟市西蒲区の協力業者に回収・再利用していただき、二酸化炭素の排出削減に取り組んでおります。
廃食油100リットルから約90リットルのバイオディーゼル燃料(BDF)が精製されます。

弊社の再利用実績は下記のとおりです。

期間:5か月間、BDF精製量:1,279.8リットル、二酸化炭素削減量:3,378.65kg

この二酸化炭素削減量は、樹齢50年の杉の木約240本が1年かけて吸収する二酸化炭素量に匹敵するものです。

新潟市と災害時応援協定を締結しました

 新潟市では、大規模な災害が発生した場合、新潟市及び防災関係機関のみの対応では、住民の生命・財産の保護等活動に十分な対応ができないこともあると考え、他の地方公共団体や民間団体等を対象に、迅速かつ広域的な災害対策を実施できる体制を構築するため、災害時応援協定を締結しています。

 弊社は、その取り組みに賛同し、平成17年に【災害時応援協定】を新潟市と締結致しました。弊社の応援区分は【食糧の供給・運搬】です。

 災害時には弊社で製造した食糧を食品運搬用冷蔵車両に載せて、被災地へ急送いたします。

株式会社日本フードリンク

本社

  • 〒950-0801 新潟市東区津島屋6丁目99番地1
  • TEL 025-282-7023(代)

セントラルキッチン

  • 〒950-0801 新潟市東区津島屋6丁目76番地
Copyright (C) Nippon Foodrink Co., Ltd. All Rights Reserved

株式会社日本フードリンク

本社

  • 〒950-0801 新潟市東区津島屋6丁目99番地1
  • 025-282-7023

セントラルキッチン

  • 〒950-0801 新潟市東区津島屋6丁目76番地
Copyright (C) Nippon Foodrink Co., Ltd. All Rights Reserved